補助金・助成金情報

平成26年度補正予算が成立し、いくつかの補助金は既に公募も開始されております。
今回は、その中でも中小企業者向けの支援施策をご紹介します。
補助金制度への注目度・認知度は年々高まっており、募集期間も限定されているので、早めのご準備をお奨めします。

1.ものづくり・商業・サービス革新補助金-----【パンフレットダウンロード1

新しい商品・サービスの開発や業務プロセスの改善、新しい販売方法の導入など、中小企業者等が事業革新に取り組む費用の2/3を補助する制度です。

【対象者と補助金額】
 次の各分野で試作品開発・生産プロセスの改善・新サービス開発等に取り組むことが必要です。
●革新的なサービスの創出…補助上限額①一般型1,000万円 ②コンパクト型700万円
●ものづくりの革新…補助上限額1,000万円
●共同した設備投資等による事業革新…補助上限額 共同体で5,000万円

【募集期間】 平成27年2月13日(金)~平成27年5月8日(金)

2.創業・第二創業促進補助金-----【パンフレットダウンロード2

①新たな需要を創造する新商品・サービスを提供する創業者に対して、創業に要する費用の一部を補助する制度です。
 (補助上限額200万円、補助率2/3)
②事業承継を契機に既存事業を廃業し、新分野に挑戦する第二創業者に対して、その要する費用の一部を補助する制度
 です。(補助上限額1,000万円、補助率2/3)

【募集期間】 平成27年3月2日(月)~平成27年3月31日(火)

3.小規模事業者持続化補助金-----【パンフレットダウンロード3

小規模事業者のビジネスプランに基づく経営を推進するため、商工会・商工会議所と一体となって経営計画を作成する取り組みや、その経営計画に基づき販路開拓に取り組む費用を補助する制度です。

また複数の事業者が連携した取り組みについても支援するとともに、雇用の増加や従業員の処遇改善の取り組みや、移動販売などによる買い物弱者対策に取り組む事業者については、より重点的に支援します。

補助率は、対象経費の2/3です。

補助上限額 ①50万円 ②100万円(雇用対策・買い物弱者対策)
      ③500万円(複数の事業者が連携した共同事業の場合)

【募集期間】 一次募集:平成27年2月27日(金)~平成27年3月27日(金)
       二次募集:~平成27年5月27日(水)

補助金申請のポイント

●補助金ごとに目的や趣旨が異なっており、それに合致していなければ採択はされません。
●補助金は、競争的資金であり、必ず受給できるとは限りません。採択率は30%前後です。
●補助金は後払いであり、支払額は対象経費の1/2~2/3(上限あり)です。
●交付決定日以前に契約・発注・購入したものは対象となりません。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「補助金・助成金」や「経営計画」などのご相談がございましたら、
「お問い合わせ専用フォーム」よりいつでもお気軽にご連絡ください!